高断熱・高効率な省エネ設備により、

空調・給湯・照明・換気などの一次エネルギー消費量をゼロもしくはマイナス(年間の)にする住宅のことを言います。

ZEHの家により、日常生活にかかる電気を大きく削減できたり、災害時・停電時に蓄えた電力を利用できる等のメリットが生まれます。
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の家(有限会社小林建業・福島県南相馬市原町区)

日本政府の「エネルギー基本計画」によれば、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」という政策目標が掲げられています。

これにより、今後は「ZEHの家」が主流になってくると思われます。

有限会社小林建業では、今までの省エネ住宅の実績と経験を生かし、ZEHの家の普及に努めます。